飲み放題で損をしない!元を取るにはどれくらい飲めばいい?

こんにちは!

飲食店専門コールセンターの山田です

居酒屋の飲み放題は、お会計もしやすいですし、好きなだけお酒を飲んでも追加料金がかからない嬉しいコースですよね。

せっかく飲み放題をつけるなら、「損をせず、元をしっかりとりたい!」という人も多いのではないでしょうか?

・元をとるには、ビールをガンガン頼むべし!

 

お酒の中で一番原価が高いお酒、それはビールです。

チューハイやカクテルは原価が1杯あたり30円程度ですが、ビールは120〜150円程度と4倍以上も原価率が高くなっています。

 

ビールは居酒屋ならどこでも置いてありますし、お店側からすると一番多く頼んで欲しくないお酒です。

このビールの杯数を増やすことが、一番効率よくもとを取ることができます。

 

・お店選びの注意点

 

居酒屋の中には、「ビールは1人2杯まで」など、制限をかけているお店もあります。

 

また、ビールとして提供していても、実際には発泡酒だった!という店も少なくありません。

あくまで、“生ビール”だからこそ元が取れる計算なので、この2点も事前にチェックしておく必要があります。

ーーーーーー

お問い合わせは

飲食店専門コールセンターまでお気軽に!