予約の受付時の精度を上げるために2重チェックしてます

飲食店で多いトラブルの1つとして、「予約の行き違い」があります。

お客様からせっかく予約をいただいたをしたのにもかかわらず、お店側への行き違いがあり、大きなクレームに繋がってしまう場合もあるのです。

そこで便利なのが、飲食店の予約システムです。

弊社コールセンターでは、受付時に必ず”2重でチェック”をし、予約情報を的確に伝えています。

 

 2重チェックをすることは、お店の信頼度UPに繋がる!

「わざわざ予約を2重チェックする必要あるの?」という方もいるかと思います。

しかし、お客様から頂いた大切な予約を間違いなく情報として残すことは、飲食店を経営していく中でとても重要なことなのです!

予約をきちんとチェックすることで、

 

・予約のバッティング

・予約日を間違え、お客様を通すことができない

・テーブル席で予約していたのに、カウンター席しかあいていない

・予約の料理コースを間違えて用意してしまった

 

などの様々なトラブルを防ぐことができます。

 

1人1人のお客様は、それぞれ色々な気持ちを抱いてお店へ足を運んでくれます。

もし大切な記念日や、仕事の商談だった場合、「予約を間違えてしまいました」では済まされません。

大きなクレームに発展してしまうケースも少なくないのです。

予約を2重でチェックし、ミスを減らすことは、お客様を大切にするうえで欠かせないことと言えます。

 

2重チェックは、お店の売上UPにも!

予約がしっかり管理できていないと、お客の出入りや空席などがなかなか把握できません。

飲食店は接客に調理に追われて忙しいですから、お客様が出入りするたびに空席や客数をチェックするのは難しいですよね。

そこで、予約システムを導入し、2重チェックで情報を正確に管理することで、お店の在庫(空席)を常に明確にすることができます。

 

飲食店で売上を上げるためは、いかに効率よく集客率を上げるかが重要です。

 

また、“お客様の声“を予約として残しておくことで、お店側も事前にお客様を出迎える準備ができる余裕も生まれます。

高クオリティのおもてなし、サービスを提供すれば、顧客満足度もUPし、リピーターや口コミでの新規客が増加も期待できるメリットがあるのです。