予約漏れを防ぐ工夫をしています!

 

飲食店で、トラブルやクレームはつきものです。

どんなに人気の高いお店でも、クレームがというお店はごくわずかでしょう。

しかし、予約漏れや予約間違いは、トラブルの中でも重大です。

気を付けていれば避けられることですし、ダブルブッキングなどでお客様を通しできる席がない場合、多大な迷惑をかけてしまい、致命的なクレームにも繋がりかねません。

弊社で行っている、飲食店電話予約システム代行では、そのようなトラブルを減らすため、予約漏れを防ぐ工夫をしています。

 

お客様との“齟齬”をなくす工夫

弊社では、お客様とのやり取りで齟齬が生じないよう、徹底しています。

言葉の行き違い、食い違いは、様々なトラブルの原因になりかねません。

クレームを減らすことはもちろん、お客様に気持ちよく来店していただくために、齟齬が生じないよう、常に気を付けて対応しています。

 

例えば、予約を確認する時は

「それでは、5月5日金曜日の19時、夜の7時にお待ちしております」

と、時間を2回、確認するようにしています。

24時間と12時間、両方の表記でお客様へ2重でお知らせすることで、聞き間違いを避け、確実に予約日時をお伝えするよう心がけています。

 

対応はハキハキと誠実に、オウム返しで!

電話での会話は、電波状況によっては、声がこもってしまったり、途切れてしまったりで聞きづらい場合があります。

弊社で対応にあたっているスタッフは、全員コールセンターのノウハウを持ち合わせたプロフェッショナルです!

明るい“笑声”でハキハキと、確実に情報をお伝えします。

 

また、お客様から頂いた情報は、必ず“オウム返し”をして、再確認するよう徹底しています。

例えば、

お客様から「3000円のコースで、19人、個室でお願いしたいのですが」と予約が入った時は

「かしこまりました。3000円の○○コース、19名様個室でのご予約ですね」

とオウム返しで2度必ず確認します。

同一料金でコースが複数ある場合は、コース間違いがないよう、細かい部分まで注意しています。

 

弊社コールセンターでは、予約に抜け漏れを防ぐたけではなく、電話対応の質を向上して、顧客満足度UPを目指します!

電話予約に関して、細かい要望や相談にも対応可能ですので、まずは一度弊社まで気軽にご連絡ください。