常連客を掴む!特化で他店と差がつく?具体的な方法

飲食店をやるからには常連客を増やすことは必須事項です。

チェーンの居酒屋でも、常連が居なければいずれ潰れてしまいますよね。

そこで、常連が増える、心を掴むひと工夫を今回、紹介します。

他店と差をつけましょう。

全ての人に満足してもらえる店はないことを知る

どの飲食店でも、全ての人に満足してもらえる店はありません。

どれだけ流行っている店であっても、全ての人に受け入れられるお店はないのです。

ならば、どうして流行るお店、廃れるお店があるのかというと、両者にははっきりと「特化しているか」「していないか」の違いがあるためです。

 

「特化」はお客様の心に響きやすい

流行っているお店が全て、料理が美味しいお店ではありません。

中にはそこまで美味しくないけど値段が安いため流行っているというお店もあるでしょう。

料金が安ければ、料金分よりも美味しいと感じるだけで

「あそこは安いし料理もそこそこうまい」

と評価を受けるようになります。

つまり、絶対的な美味しさがなくても、飲食店は流行る可能性を秘めているのです。

そのために必要なことが特化です。

例えば安いお店なら安く食べられて飲めるお店が好きな層に受けますし、ワインに特化したお店ならワインが大好きな層に受けますよね。

わかりやすい特化があればあるほど、お客様の心に響きやすく、またお客様もそういったお店を「居心地がいい」と感じてくれますので、常連客も増えやすくなります。

言ってしまえば特化することを決めたら、特化する事柄のプロになってしまえば良いという話なのです。

 

地域性を見て特化することを見極めると良い

例えば、港区で安いことが売りの居酒屋を展開しても、流行る可能性は低いでしょう。

何故なら、特に安さを求める人が少ない地域だからです。

これが高田馬場など、学生が多い町であればまた違ってきますが、特に高くても問題のない地域で安さを売りにお店を展開しても流行りづらいでしょう。

逆に学生が多い町で高い料金設定、珍味などを多く扱ったオシャレなお店を展開しても学生には敷居が高いお店にしかなりませんよね。

地域性をきちんと見てお店を出すようにすると、地域に合った特化したお店を作ることができやすいので、地域性のことも頭に入れてお店を作っていきましょう。

 

特化したら主張することも大切

「料理や接客、店内を特化させ、地域性にも沿ったものにできた!」

それでも流行らないお店もあります。

それは何故か、外から見てお店の特化したものが何なのかわかりづらいためです。

入ったことのないお店で、外から見てもどういうお店なのかわからない場所に人は自ら進んで入ろうとは思いません。

特化したら主張することも大切なのです。

主張の方法としては、

  • 立て看板を設ける
  • 入口にボードを設置し、メニューを書いておく
  • 伝えたいことを張り紙で書いておく
  • チラシを製作しポスティング

といったものがあります。

どれも、特化していることに沿った内容で主張すると、その主張を求めている人にお店の存在を知らせることができるためおすすめです。

逆に色々なことを書き込みすぎると何を主張したいのかわかりづらくなるため、必ず特化していることに沿った内容を書き込むようにしましょう。